8月の終わりに厚沢部ソロソロ窯へ行ってきました。まずはタンゴがお出迎えです。元々は小中学校の校舎だった展示室の窓からはグラウンドではなく薪置き場や窯のある小屋が見えます。その先にはソロソロ窯の釉薬の材料にもなっている、蕎麦畑の白い蕎麦の花が咲いておりました。僕が小さい頃は厚沢部町といえばメークインの町でしたが、いつのまにか蕎麦も有名なのですね。
作り手の臼田さんとやきものの話しがはずんでしまい夕飯をご一緒させていただきました。
ソロソロ窯の工房でソロソロ窯の器でご飯。格別でしたね。

ただいま店内には沢山のソロソロ窯の器がございます。毎日のように旅立っておりますが、是非ご来店お待ちしております。

IMG_6614

IMG_6633

IMG_6635

IMG_6638

IMG_6639

IMG_6632